日記・コラム・つぶやき

2008年10月16日 (木)

続5:綿の花が咲いた

さて10月4日前報で,白い綿の実が顔を覗かせたときの写真を載せました.今日辺りになるとそれが膨らんで,いよいよ収穫の段階になった.う~ん,眩いばかりのコットンの輝きだ.

最初に咲いた花を載せたのが8月15日,ちょうど収穫まで2ヶ月要した訳である.さて,来年春になったらこの実をまた鉢に撒いてみよう.今度は今年より1ヶ月くらい早く撒こう.今年のように忘れないようにしなければ.

これで,今年の綿の花シリーズはこれでおしまい.綿よありがとうさん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

続4:綿の花が咲いた

8月15日に咲いた綿の花が実り,今日になって白いきれいな綿の顔を覗かせた.ちょっと今年はだめかな~と心配していたけど何とかなったようだ.綿の木さんかなり頑張ったね~

多分これから白い部分がもう少しふわふわになるまで膨張すると思う.そして中には黒い種子が含まれているであろう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月31日 (日)

続3:綿の花が咲いた

ここ一週間余り天気が悪い.夜通し雷のピカドンが続いたりするのには驚くばかりだ.かつてこれほど激しいピカドンに見舞われたことはあっただろうか?....いや~多分初めてだ.

さて,綿の花のその後であるが,青い実(?)が大きくなった.物差しで測ってみると長手方向に40mmもある.結構迫力だ.

今日で8月も終わりだ.綿の生産地では,そろそろ摘み入れが始まった頃であろう.うちのベランダの実はご覧のようにまだ青々としている.程なく秋に向かうが,まだ生育が続き,無事綿ができるであろうか...?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

多摩川のスターマイン

先週末,多摩川の花火を見物した.花火大会は素直に景気を反映し,一段とスポンサー企業が減り,またサイズが小ぶりになった感が否めない.逆に見物人は増えたように思う.これもよく報道されるように,ガソリン高騰で近場のレジャーで済ます人が増えたからであろうか.

さて,そんな花火大会であるが,何のかんのと言ってもやはりスターマインの迫力は各別だ.先ずドドドドーっと連続する重低音はまるで前線の迫撃砲(映画で見た範囲だが)の如し,炸裂し,開く花は......まずい,形容する言葉が見つからない.とにかくすばらしいのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続2:綿の花が咲いた

さて先週15日に咲いた白い綿の花は,翌日ピンクに変わり,さらにその翌々日くらいには散ってしまった.花の跡は緑の葉のような覆いで囲まれていた.今日になると覆いの中から写真のように,ごま塩おにぎりのような塊が顔を覗かせるようになった.ごま塩おにぎりの直径は15mmくらいと結構大きい.いや~なかなか面白い!

なお綿の木は小さいながら今朝3個目の花を咲かせていた.健気なものだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

続:綿の花が咲いた

昨日咲いた白い綿の花は,夕刻にはしぼんでしまった.

ただ驚いたことに今朝になると,しぼんだ白い花びらはピンクに変わっていた.綿花畑で白い花とピンクの花を見たとき,綿花には2種類あるのかな~?と疑問に思っていたが,これでなぞは解けた.なかなか妙なものである.

さてこの花は結実するだろうか?一輪だから無理かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

綿の花が咲いた

去年秋,チベットのカイラストレッキングを終えて,新疆ウイグルはカシュガルに向かった.このときカシュガル周辺では綿花の刈り入れが最盛期であった.収穫された綿花はロバ車で運ばれるのであるが,山と積まれ,道端にはこぼれた綿花がたくさん落ちていた.1つの綿の塊りには,それぞれ独立の綿に包まれた種子が複数個入った構造になっている.

これを拾ってきて,今年6月上旬になって部屋のベランダの鉢に綿に包まれた種子を植えてみた.ちょっと遅かったからな~と思っていたが,そのうち芽が出て,つぼみが付き,今朝になったら白い花が咲いていた.感激!

花の右上に見える丸まった葉のような緑の塊がつぼみで,これからすると下側のつぼみから先に花になるのであろうか?咲いた花は夕方まで持つのだろうか?それとも数日持つのだろうか?花が終わって,綿は果たしてできるだろうか?

う~ん,これからもなかなか楽しめそうだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)