パソコン・インターネット

2008年3月 1日 (土)

ココログでfavicon表示できました

googleで「favicon ココログ」と検索したら,検索結果先頭にtakoさんのココログサイト初めてのココログ・カスタマイズ「第32回:自分専用のfavicon(ファビコン)を付けてみよう」が表示された.

早速当該ページを読ませて貰ったら,な,何と!まったくそのものずばりの回答が用意されておるではないですか!favicon画像は既に用意されているので,その過程は省き,ルートディレクトリへの画像アップロードと,リンクの記述を,上記takoさんの案内記事通り,即ちデッドコピーで行った.

faviconリンクの記述だが,「ブログのサブタイトル(キャッチフレーズ)欄に書く」 とは何ともはや本格的なワザ,素人からすれば超裏ワザ的なことが述べられており.....ただ驚くばかりだ.「ブログのサブタイトル」 欄は実際に画面上部のフレームに表示されるところなので,<hesd>~</head>間ではなく,Framesetの内部に相当する記述のように見えて....筆者にはまったく思いもよらないことだ.すごい...!.

で,先ずIE7のキャッシュをクリアし,お気に入りから一旦サイト登録を削除して,IE7を再立ち上げし,サイトアクセスしたら,一発であっけなくfavicon画像 CsiconA を先頭に伴ったURLがアドレス欄に表示された.やった~!

さてこういうときこそブログの本領,トラックバックをtakoさんの記事に送信するのがスジではなかろうか.トラックバックは初めての経験で果たしてうまくいくかな~?....Windows Live Writerでようやく見つけたプロパティウインドウのトラックバックURL欄に記入すればどうやらできそうだ.早速試してみよう,さあ届け! takoさんご教示ありがとうございました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月29日 (金)

サイトアイコンfavicon作りと通常サイトへの反映

マイクロソフト社のサポートサイトウィキペディア(Wikipedia)はじめ,いくつかのサイトを参照させてもらったら,次のようにすればサイトオリジナルアイコン,favicon(←Favorite icon)と称するようだ,が表示されそうである.

(1)16ドット×16ドットのfaviconを作り,アイコンファイル形式(.icon)に変換し,ウェブサーバーのルートディレクトリに置く.これだけでもルートディレクトリ以下のどのページをお気に入りに登録してもfaviconが表示されるそうである.

(2)逆にページ毎に違うfaviconを表示させたい場合は当該ページHTMLファイルの<head>~</head>タグ間に<link rel="shortcut icon" href="favicon.ico">と記述すればよいようだ.ルートディレクトリに置いて,全ページ共通にする場合もこのリンクを書いておくのが無難なようである.

とりあえずアイコンをお絵描きソフトで作って,ビットマップ形式(.bmp)で保存し,そのエクステンションを勝手に.iconと書き替えてみた.すると表示されるデザインが,部分的に色が元のbmpのものとは,微妙に,場合によってはかなり違ってくるのですね~まあ,アイコンファイル形式というものを理解していないので,何故かはまったく知る由もないが.....

そこで,またもや場当たり的に調べたら,いいソフトがあるというtowofu's SOFTさんのサイト

を訪ね,@icon変換というフリーソフトをダウンロードさせてもらった.towofu's SOFTさん,どうもありがとうございました.これでビットマップ形式(.bmp)の自作アイコンを読み込んで,単純にアイコンファイル形式(.icon)で保存したら,元と同じデザインで正しく表示されるようになった.初めてでも,ものの30秒も要しない優れものだ.towofu's SOFTさん重ねてお礼申し上げます.

これができ上がったfavicon

CsiconA ←元の画像 iconB ←アイコンファイル形式に変換した画像(ただしWindows Live Writerで挿入できなかったのでビットマップ形式画像であるが,説明上見え方は同じなので転用)

C'sは,Cannergy’sでは長くて16ドット×16ドットにはとても収まらないので,中を省き,頭とお尻の文字でデザインした.

さてこれで準備はできた.とりあえず普通のウエブサイト,つまりこのブログの左サイドバーに載せた2つのサイトそれぞれのルートディレクトリに画像を,トップページのHTMLファイルに上述のlink情報を書き加えて,アップロードした.

そのサイトにアクセスしてみたが,アップしたアイコンが出ない....???.....あせった.またしてもいろいろ調べてみたら,IEのアクセスデータがPCにキャッシュされているためらしい.IE7のキャッシュをクリアし,お気に入りからサイト名を一旦削除し,IEを立ち上げ直して....いろいろやったら,ようやくアクセスされ,CsiconA がちゃんとお気に入りに表示されるようになった.あ~よかった!

さて問題はこのココログサイトだ.一つひとつの記事の中身は今現に書いているWindows Live WriterでHTML形式で見たり,書いたりできるのだが,はてトップページはどのようにしたら見たり,書いたりできるの?ルートディレクトリに画像データ(.icon)をアップロードするにはどうすんの?自分のサイトなのにそれが分らないなんて.....何と間抜けなと言うか,情けないと言うか....まあ,これから調べてみよう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Internet Explorer 7とサイトアイコン表示

最近,いつものようにWindows Xpの自動更新が行われた.自動的にやってくれるので手が掛からず助かる.更新を終えた後,「Internet ExplorerをV7(IE7)に変えたらいかがでしょうか?」というようなメッセージが現れた.セキュリティが強化され,使い勝手も良くなっているそうなのでそのお勧めに乗ることにした.

さてIE7になって,一つのウインドウで複数の画面がタブで開けるあたりが大きな違いであろうか.お気に入りの登録で,サブフォルダを指定できたり,またそのロケーションが記憶されることなどでも便利になったと思う.ただちょっと多く開くとタスクバーに細かくてもいいから表示されればいいものを,表示が省かれたり,更新のボタンがないのがちょっと......であるが....単に使い方を理解してないだけかな?

b080229p1  eのアイコン

お気に入りに登録したサイト名の前に付くアイコン,一般的にはこのeのアイコンがIE6では多かった(ように思う).なおアドレスバーのURL先頭にも同じアイコンが表示される.

b080229p2サイトアイコン:グーグルの例

ときどきサイト独自のアイコン,例えばこのグーグルのGアイコンなど,も表示された.またどう云ったアルゴリズムに従っているのか,サイト独自のアイコンはときどきIEのデフォルト,前述のeアイコンになったり,それからまたユニークアイコンに戻ったり,と結構気まぐれに見えた.少なくとも筆者のPCでは.......それがIE7になってから,そのような気まぐれさが無くなり,サイトユニークアイコンがたくさん表示されるようになった(ような気がする).

eアイコンばかり並ぶより,サイトユニークアイコンが混じっている方が見易いのは衆知の事実だ.また多少サイトの独自性をアピールすることもできそうだ.そんな訳でカナジーもオリジナルアイコンを試みてみることにした.以下次ページへ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

avast!は太っ腹だ!

昨年11月,このブログを始めるにあたって,Windows Live Writerを使わんがために新しいPCパーツを揃え,OSをWindows XPに変更した.そしてこのことに関しては以前Windows Live Writerのシステム要件を満たすPCの準備で書いた.またこのとき,ウィルスバスターが古過ぎて使えず,困ってしまったことも併せて記した.

安く上げる方法がないかとフリーソフトを探してみたら.....⇒ これがあるんですね~2,3のサイトを眺めてみたら,avast! 4 HOMEというアンチウイルスフリーソフトが,はじめの方に並んでいたので,多分これが無難,いや良かろうと考えた(←単純だね~).

web_27[1] そして早速同製品サイトでメールアドレスや住所を入力して登録し,avast! 4 HOMEをダウンロード/インストールさせてもらった.これを入れたお陰で起動する度にWindows XPに怒られることもなくなり,ほっとできた.あ~助かった!

なので,使いはじめてかれこれ2ヶ月ほどになろうか.先週メールで再登録を促すお知らせがあった.ガイダンスに沿って所定事項を入力し,新しいライセンスキーを送ってもらって,それを入力し継続使用している.詳しいことは判らないがウイルス検出パターン情報は,PC立ち上げ時や作動中,自動的に,しかもかなり頻繁に更新してくれるから手間要らずだ.ちなみに現在のバージョンはv4.7となっている.

普通このようなセキュリティソフトは当然有料だと思っていたが,フリーとはこれまたエライ太っ腹の会社だと思う.avast! 4 HOMEを提供してくれている会社はALWIL Software と称するそうで,同社の情報ページを見ると,

ALWIL Software は 1991年4月に設立された チェコ共和国 に本拠を持つ会社で.......弊社製品とともに拡大し続け......データとプログラムを保護するために最高の製品を作ろうと専念する才能のある社員に支えられ......ソフトウェア会社がシリコン・バレーになくても成功できるという生き証人といえるでしょう.....と述べられている.

avast! 4 HOMEをなぜ無償で提供してくれるのか?,踏み込んだ戦略意図は到底筆者の知るところではないが,いずれにしても大変ありがたいことだ.ALWIL Softwareさん,ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

Windows Live Writerのシステム要件を満たすPCの準備

さてWindows Live Writerのシステム要件に,OSはMicrosoft Windows XP SP2 または Windows Vista,と記されていた.筆者のPCは2台とも2周回遅れのWindows 2000だ.そこでこの際1台は改造することにした.ここでいきなりVistaというのは,2周回遅れの古い人間/カナジーにとっては新し過ぎて目が眩むであろう.かぐや姫が月に帰還するシーンが思い浮かぶ.....やはりせいぜいXPに留めるべきだ.

Windows 2000に比べると,ハードを強化しないとならないであろう.強化とは言っても,筆者の従来PC比であるので,PCマニアから見れば非力でも,まあ普通程度に動けば安いに越したことはない.ネットで調べ,AMDのCPUなら比較的安く上がりそうなので,以下のような構成に決めた.

  • OS:Microsoft Windows XP SP2 Home Edition DSP版(HDDとセットで)
  • HDD:WesternDigital WD5000(500GB SATA) とSATAケーブル
  • CPU:AMD Athlon X2 BE-2350 ( 45Wが最大の特徴)
  • マザーボード:ASUS M2A-VM(μATXサイズ,デジタルモニタ出力I/F有り)
  • メモリ:DDR2-800で2GB(1GBx2構成.あまり聞かないが安いCFD ELIXIR製)
  • DVD-R:LITEON 20X (SATA接続,一番安かった)

久しぶりにアキバに出かけ,2,3の店舗でパーツを買い求めた.家に戻りPCケースから古い部品(殆どの部品であるが)を外して新しい部品を入れてみた.すると以下のような問題対策が必要だった.

  • 45Wという低消費電力のCPUにしたが,小型特殊ケースのため電源(PSU)がCPUファンに近接し過ぎて,エアフローが損なわれそうだ.⇒背面パネルを加工してPSUの位置を変更した.⇒このとき,Boschジグソーを用いたが,細かいAl切り粉が目に入ったようで1時間くらい後に痛み出す.目を洗ったが,取れず,いつも診てもらっている眼科医を訪ねるもお休み.困って,別の眼科医を探していると,幸いゴミはとれたようで助かった. (なおジグソーのマニュアルには防護メガネ着用のことと記されているが,老眼のため普通のメガネも外したのがまずかったようだ.なお今回の記事と全然関係ないが,Boschジグソーのワンタッチブレード着脱メカニズムはファンタスティックだ!簡単な操作でしっかり固定する.)
  • メモリテストのためmemtest86+をダウンロードし,ブータブルCDに焼いた.組み立てたPCに入れ,SWを入れるとDOSでブートするが,コマンドプロンプトが出て,メモリテストを開始しない.何かコマンドが必要なのか?AMD CPUだと別のプログラムが必要なのか?⇒まあでも動いているようなのでメモリテストは止めて,とりあえずOSを入れてみた(←いいかげんだな~).HDDのフォーマッティングも自動的にやってくれるし,簡単にインストールできた.次にマザーボード付属CDのデバイスドライバなど入れて,LANケーブルをつなげぐ.マイクロソフ社トへの登録催促画面に従って,OSのIDコードを入力した.
  • 続いてウィルスバスターの古いのを入れ,再登録しようとするが,古過ぎてパターン更新サポート期間が既に終わっているという.立ち上げる度に「ヤバイよ~!ヤバイよ~!」とPCに怒られているが.....そのうち新しいのを買わなくては.... これも関係ないが,カナジーがまだ会社勤めの頃,半導体プロセスでサブミクロンと称すれば先端技術だった.それが,このCPU,Athlon X2 BE-2350 は65nmプロセス,つまりサブミクロンの1/10以下だ.世の中進んだものだ,....いや自分が遅れているだけか.

久しぶりに部品組み立てたが,以前Windows 2000で苦労したHDDの137GB超え問題(あの時は理解不足でデータとドライブをたくさん破壊した)がなくて,助かった.XPでもまだ周回遅れなのであろうが,カナジー的にはちょうどいいであろう.

さてこれで何とかWindows Live Writerをダウンロードして,動作させる準備はできた筈だ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)