ウェブログ・ココログ関連

2012年10月14日 (日)

久しぶりのココログ投稿は『Google adSense載せてみました』です

前回,下の記事は2010年2月20日 (土)とあるから,実に2年半余り経ったことになる.ブログは普通のホームページと比べて,自分で操作しているわけでないのでデレクトリやファイルがどうなっているのか判らずなかなか難しい.

秋になったことだし,殆ど忘れていたが何とか思い出さなくては,とこれを書いている.内容は『別サイトで載せていたGoogle adSense(広告)をこのココログにも載せてみました』ということです.

ココログには幾つかのプランがあり,このページはnifty会員であれば無料の『ココログベーシック』プランです.ココログのQ&Aページを眺めると,少なくともこのプランではGoogle adSenseを貼り付けることが可能だそうで,先ずは簡単そうなサイドバーに貼ってみようと思う.

そこで先ずはadSenseのアカウントで,貼り付け許可ドメイン管理ページに本ココログURLを追加登録.続いてサイドバー用の広告ユニットを作成した.作成といってもデフォルトの配色のままのごく標準的ユニットだ.

さてこれで貼り付け準備ができたので,具体的やり方を「ひかりな」さんの「ココログサイドバーにgoogle adsenseを貼り付けてみた」の記事で教えて貰い,その通りにリスト欄に記し,左のように無事表示することができた.ひかりなさんありがとうございました.

adSenseが何がしかの成果を上げるに肝腎なのは,先ずは何よりお役立ちできる記事であるが.......おいおい加えていくことにしたい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

ココログでfavicon表示できました

googleで「favicon ココログ」と検索したら,検索結果先頭にtakoさんのココログサイト初めてのココログ・カスタマイズ「第32回:自分専用のfavicon(ファビコン)を付けてみよう」が表示された.

早速当該ページを読ませて貰ったら,な,何と!まったくそのものずばりの回答が用意されておるではないですか!favicon画像は既に用意されているので,その過程は省き,ルートディレクトリへの画像アップロードと,リンクの記述を,上記takoさんの案内記事通り,即ちデッドコピーで行った.

faviconリンクの記述だが,「ブログのサブタイトル(キャッチフレーズ)欄に書く」 とは何ともはや本格的なワザ,素人からすれば超裏ワザ的なことが述べられており.....ただ驚くばかりだ.「ブログのサブタイトル」 欄は実際に画面上部のフレームに表示されるところなので,<hesd>~</head>間ではなく,Framesetの内部に相当する記述のように見えて....筆者にはまったく思いもよらないことだ.すごい...!.

で,先ずIE7のキャッシュをクリアし,お気に入りから一旦サイト登録を削除して,IE7を再立ち上げし,サイトアクセスしたら,一発であっけなくfavicon画像 CsiconA を先頭に伴ったURLがアドレス欄に表示された.やった~!

さてこういうときこそブログの本領,トラックバックをtakoさんの記事に送信するのがスジではなかろうか.トラックバックは初めての経験で果たしてうまくいくかな~?....Windows Live Writerでようやく見つけたプロパティウインドウのトラックバックURL欄に記入すればどうやらできそうだ.早速試してみよう,さあ届け! takoさんご教示ありがとうございました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月29日 (金)

サイトアイコンfavicon作りと通常サイトへの反映

マイクロソフト社のサポートサイトウィキペディア(Wikipedia)はじめ,いくつかのサイトを参照させてもらったら,次のようにすればサイトオリジナルアイコン,favicon(←Favorite icon)と称するようだ,が表示されそうである.

(1)16ドット×16ドットのfaviconを作り,アイコンファイル形式(.icon)に変換し,ウェブサーバーのルートディレクトリに置く.これだけでもルートディレクトリ以下のどのページをお気に入りに登録してもfaviconが表示されるそうである.

(2)逆にページ毎に違うfaviconを表示させたい場合は当該ページHTMLファイルの<head>~</head>タグ間に<link rel="shortcut icon" href="favicon.ico">と記述すればよいようだ.ルートディレクトリに置いて,全ページ共通にする場合もこのリンクを書いておくのが無難なようである.

とりあえずアイコンをお絵描きソフトで作って,ビットマップ形式(.bmp)で保存し,そのエクステンションを勝手に.iconと書き替えてみた.すると表示されるデザインが,部分的に色が元のbmpのものとは,微妙に,場合によってはかなり違ってくるのですね~まあ,アイコンファイル形式というものを理解していないので,何故かはまったく知る由もないが.....

そこで,またもや場当たり的に調べたら,いいソフトがあるというtowofu's SOFTさんのサイト

を訪ね,@icon変換というフリーソフトをダウンロードさせてもらった.towofu's SOFTさん,どうもありがとうございました.これでビットマップ形式(.bmp)の自作アイコンを読み込んで,単純にアイコンファイル形式(.icon)で保存したら,元と同じデザインで正しく表示されるようになった.初めてでも,ものの30秒も要しない優れものだ.towofu's SOFTさん重ねてお礼申し上げます.

これができ上がったfavicon

CsiconA ←元の画像 iconB ←アイコンファイル形式に変換した画像(ただしWindows Live Writerで挿入できなかったのでビットマップ形式画像であるが,説明上見え方は同じなので転用)

C'sは,Cannergy’sでは長くて16ドット×16ドットにはとても収まらないので,中を省き,頭とお尻の文字でデザインした.

さてこれで準備はできた.とりあえず普通のウエブサイト,つまりこのブログの左サイドバーに載せた2つのサイトそれぞれのルートディレクトリに画像を,トップページのHTMLファイルに上述のlink情報を書き加えて,アップロードした.

そのサイトにアクセスしてみたが,アップしたアイコンが出ない....???.....あせった.またしてもいろいろ調べてみたら,IEのアクセスデータがPCにキャッシュされているためらしい.IE7のキャッシュをクリアし,お気に入りからサイト名を一旦削除し,IEを立ち上げ直して....いろいろやったら,ようやくアクセスされ,CsiconA がちゃんとお気に入りに表示されるようになった.あ~よかった!

さて問題はこのココログサイトだ.一つひとつの記事の中身は今現に書いているWindows Live WriterでHTML形式で見たり,書いたりできるのだが,はてトップページはどのようにしたら見たり,書いたりできるの?ルートディレクトリに画像データ(.icon)をアップロードするにはどうすんの?自分のサイトなのにそれが分らないなんて.....何と間抜けなと言うか,情けないと言うか....まあ,これから調べてみよう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Internet Explorer 7とサイトアイコン表示

最近,いつものようにWindows Xpの自動更新が行われた.自動的にやってくれるので手が掛からず助かる.更新を終えた後,「Internet ExplorerをV7(IE7)に変えたらいかがでしょうか?」というようなメッセージが現れた.セキュリティが強化され,使い勝手も良くなっているそうなのでそのお勧めに乗ることにした.

さてIE7になって,一つのウインドウで複数の画面がタブで開けるあたりが大きな違いであろうか.お気に入りの登録で,サブフォルダを指定できたり,またそのロケーションが記憶されることなどでも便利になったと思う.ただちょっと多く開くとタスクバーに細かくてもいいから表示されればいいものを,表示が省かれたり,更新のボタンがないのがちょっと......であるが....単に使い方を理解してないだけかな?

b080229p1  eのアイコン

お気に入りに登録したサイト名の前に付くアイコン,一般的にはこのeのアイコンがIE6では多かった(ように思う).なおアドレスバーのURL先頭にも同じアイコンが表示される.

b080229p2サイトアイコン:グーグルの例

ときどきサイト独自のアイコン,例えばこのグーグルのGアイコンなど,も表示された.またどう云ったアルゴリズムに従っているのか,サイト独自のアイコンはときどきIEのデフォルト,前述のeアイコンになったり,それからまたユニークアイコンに戻ったり,と結構気まぐれに見えた.少なくとも筆者のPCでは.......それがIE7になってから,そのような気まぐれさが無くなり,サイトユニークアイコンがたくさん表示されるようになった(ような気がする).

eアイコンばかり並ぶより,サイトユニークアイコンが混じっている方が見易いのは衆知の事実だ.また多少サイトの独自性をアピールすることもできそうだ.そんな訳でカナジーもオリジナルアイコンを試みてみることにした.以下次ページへ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

Webページサムネイルとリンク挿入のプラグイン

URLを入力すると,そのWebページのサムネイルとともにリンクが挿入されると云うWindows Live Writer用プラグイン,Web Thumbnail が下のサイトで紹介されていた.

ダウンロードし,それを使用して,当該Webページのサムネイルとリンクを挿入してみた.結果はご覧の通りで,メチャ簡単操作でとっても便利!

作成者であるさんのサイトも載せてみましょう.

ぢさん,このような使い勝手の良いすばらしいプラグインを提供して頂きありがとうございます.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

Windows Live Writerのポラロイド風プラグイン

Windows Live Writerで,ポラロイド風写真を入れるプラグイン,正式にはPolaroid Pictureというのが紹介されていた.ポラロイドというと,その昔,これでよくオシロスコープのCRT画面を写したものだが,今も使われているのだろうか?多分もうないかな~?

筆者は持ってないが,普通のインスタントカメラとして活用している人は多いと思う.最近,これを活用し,写した相手に,でき上がった写真を直ぐにプレゼントすることで交流を深める旅行同行者とご一緒したことがある.近頃はフィルムの種類や販売店が減って,入手が容易でなくなってきた,とこぼしておられた.

ポラロイドフィルムは2種類に大別されたと思う.1つは現像後に裏紙を剥がすタイプ,もう1つは剥がさないで済むタイプで,現像剤溜り袋があって,画像の下側に白い空白がある.

上述のオシロスコープで用いたのは専ら前者の裏紙剥離タイプのモノクロで,画像ムラを起さないようにフィルムを引き抜く速度が一様になるように気を配ったものだ.剥がした裏紙はカールし,ネガ像が写り,余剰現像剤が手に付かないようにしながらゴミ箱に入れた光景が思い出される.

後者はポラロイド製品としては新しく,カラー写真は皆このタイプだったように思うが,なぜかその形態が前者以上にノスタルジーを誘うように感じる.特徴ある発色もさらにそんな気にさせる.

そこで面白そうなのでそのプラグイン/Polaroid Pictureをダウンロードして,使ってみた.

この写真は先月キリマンジャロに行ったときのもので,ちょうど頂上のウフルピーク(5,895m)に達したときのカットだ.ハッセルブラッド同様,ポラロイドも正方形フォーマットがやはりもっとらしい.....あくまで筆者の感覚的固定観念であるが....

Polaroid Pictureはキャプションの有無が選択でき,角度目盛りタブをスライドすることで自由に画像をティルトできる.とても操作が簡単で楽しめる.お薦めのプラグインだと思う.作者のBrettさん,ありがとうございました.

以下宣伝です,キリマンジャロのたくさんの写真ははサイドバーにも入れました『カナジーの物見遊山』キリマンジャロ2007編に載せましたのでご覧になってみてください.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイリストとリンクの設定

ココログの機能の1つにマイリストがある.ココログヘルプを眺めると,ココログに追加できるリストの種類は「人」「リンク」「本」「音楽」「メモ」の5つがあるそうだ.とりあえず筆者の関連サイトを表示してみたいと考えた.まあ,早い話がサイトの宣伝みたいなものだ.ここで,「人」若しくは「リンク」を用いれば容易に可能となりそうだ.しかし,これではロゴ画像が入らない....?ように読める.....

「メモ」に関してヘルプを見ると, 「メモ」リストは......いろいろなものをリストにすることができます.......備考欄に HTML タグを使えるので......と述べられている.HTMLタグが使えるのであれば,imgタグも,aタグも使えるので,画像にリンクを張ることもできそうだ.そこで具体的なタグ記述例などを説明した親切なサイトをあちこち参照させてもらって

カナジーの篆刻入門 『カナジーの篆刻入門』

および

カナジーの物見遊山 『カナジーの物見遊山』

をサイドバーに載せてみた.クリックして覗いてみて頂ければ幸いです.

以上で,ココログのマイフォトにロゴなどの画像を登録し,それをサイドバーと上本記事内上に表示したわけであるが,どうのようにしてマイフォトの在り処,URLを知るかがポイントの一つだと思う.それにはマイフォトにある画像を開き,それを右クリックでプロパティを開けばhttp://から始まる全URLを知ることができると説明したサイトがあって,ココログ初心者には大変役立ちました.ココログのヘルプではなかなか知ることができなかったので助かりました.ありがとうございました.

ところで,ココログの記事テキストや写真はどこに入っているのだろう?従来形式の普通のサイトでは,サイト管理者がディレクトリやフォルダを自らが作り,明示的にファイルをアップロードするのでわかり易いが,ココログではシステムが自動的にやってくれるので筆者にはさっぱり判らない.まあ今のところ然したる支障もなさそうだしそれでいいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

Windows Live Writerが新しくなっていた

いままで使っているマイクロソフト社のWindows Live Writerが新しくなっていることを初めて知った.早速同社サイトに繋いで,「実行」ボタンを押し,ダウンロードさせてもらった.途中全く操作することなく,自動的にこれまでのβ版から正式版(バージョン2008と記されている)に更新してくれた.現在早速その新バージョンを用いて書いている.さて,β版からどこが変わったのだろう?操作画面は前と同じように見えるし,この数行書いた範囲では相違点には全然気付かない.尤も,β版でも高々数回記事を書いたに過ぎないので,何が変わったのかを見分けるのは困難なのかも知れない.

下は本日お昼頃投稿した記事を,Windows Live Writerで引っ張ってきて,Webレイアウトモードで表示したもので,この表示ままオフラインでWYSIWYG編集できる.この辺は実に便利だと思う.b080117p1.jpg

HTMLコードでの編集モードも備え,上述のWebレイアウトモードと随時スイッチして書くこともでき,これも甚だ便利だ.

ただ,例えば普通あまり変化しないであろうウォーターマークの綴りやフォント,サイズなどが記憶されない,などいささか納得できない操作も強いられるが......これは,或いは筆者が操作方法を取得できてないだけの話なのかな~? もしご存知の方が居られて,お教え頂ければありがたいです.

いずれにして大筋ではとても便利なアプリケーションソフトを無料で提供してもらえるのは甚だ嬉しい限りだ.マイクロソフト社殿,感謝申し上げます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

画像挿入の練習

いくつかのサイトを覗くとWindows Live Writerでは画像の挿入が簡単にできるのが特徴の一つと書かれている.そこで早速写真を入れる練習をしてみよう.

今回の貼り付ける画像のオリジナルサイズは480pxX320pxである.表示画像サイズと周囲の余白は任意指定可能,配置は左で,テキストの回り込みあり/なし,右配置でテキスト回り込ありから選べるようだ.センター配置はアイコンを見る限りできそうなのだが,実際はできなかった.影付けやウォーターマークなどのオプションもきわめて簡単な操作で可能である.f071103p1

さて,上は行内に配置(左側配置テキスト回り込みなし),元のサイズで貼り付け,余白は四方とも5,影付け,ウォーターマーク付きを選んだものである.

今日生じた疑問点:

  1. 画像のセンター配置がどのようしたできるのか?(htmlタグ操作なしで.また左配置で,空白量で調節するとかでなく.)
  2. クリックでオリジナルサイズの画像が別ウィンドウに現れるようにするのはどのようにするのだろうか? ⇒試したら,貼り付けるとき小さいサイズにすると,クリックでちゃんとオリジナルサイズの画像が表示される.ただし表示は親ウィンドウ.
  3. ウォーターマークの保存はどのようにすれば可能か?保存できないと不便だ.
  4. 画像設定ウィンドウからテキスト入力ウィンドウに戻ったとき,全角入力モードの設定がチャラになり,半角入力になるのはちょっとした欠点か? なおWebプレビューからWebレイアウトモードに戻るときも同様.

なお貼り付けた画像は,2007/10/5陣馬山で撮った彼岸花(曼珠沙華)を色鉛筆風に加工した.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

Windows Live Writerをダウンロードし,インストール

さて,PCの準備はできた.そこで早速マイクロソフト社謹製Windows Live Writer日本語ベータ版をダウンロードさせてもらった.ありがとうございます.

インストール後,カナジーのココログサイトにつなげるべく,URLとアカウント,パスワードを入力した.ところがつながらない!アカウントとパスワードを入力したので構わないのかな~と勝手に想像していたが,「サイトのパスワード保護」をかけていたのはやはりまずかったようだ.保護を解除したら難なくつながった.(←さりげなく書いているようでいて,かなりあせっていた状況が手に取るように描写されています.)

つながったので早速,最初の記事先頭から~3つ目のこの記事まで,WebレイアウトというWYSIWYG表示モードでここまで書いた.表示モードはWebプレビューモードやHTMLモードにも随時切り替え可能だ.プレビューモードにするとブログ全体の最終表示画面を見ることができ,リンクアクセスもできる.実際リンクがつながらないのでHTMLモードで見たら,http://が2重に書いた誤りが一目で判り,それをその場で直ぐ修正可能だった.すご~い!!

すごいがバックスペースキーが時々動かない.キーボードの問題か~?多分そうであろう.

さて,これで最初の難関はなんとかクリアできそうなので,あとはココログ諸々の難しいことやWindows Live Writerの操作方法を覚えていこうと思う.

| | コメント (0) | トラックバック (0)