« シモンペレス氏亡くなる | トップページ

2016年10月 3日 (月)

実の付かないヤマボウシがあることを発見

昨日『くもり』との天気予報は大ハズレで,終日晴れた.高尾山から陣馬山に向かう途中一丁平で,たわわに実るヤマボウシ(山法師)を眺め,ちょいと一粒摘んで口に放り込んだ.独特な食感と香りが一年ぶりに味わえた.

 

b20161003a

 

ところで,この木にはたくさん実が付いているが,他の木は.....?と眺めると,な,何と全く実のない木があるではないか.それらは春先にはたくさんの花(例の白い山法師の頭巾状)が咲いていた木だ.つまりどの木も花は咲くが,実の成る木は限られているようだ.   
ヤマボウシはハナミズキ(花水木)の仲間ということなので,さっきゴミ出しの戻り,住まい前歩道のハナミズキ並木を眺めて見た.すると10本中2本くらいには赤い実(小さな粒のクラスター状)が付いていた.もちろんどの木も春には白やピンクの花を見せていた.   
ググってみると, ヤマボウシは雌雄異株,いや雌雄同株とする記事双方あり,さてどっちなんだ?

|

« シモンペレス氏亡くなる | トップページ

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220822/64292517

この記事へのトラックバック一覧です: 実の付かないヤマボウシがあることを発見:

« シモンペレス氏亡くなる | トップページ